シルモアで導く
 「シルク髪」

希少なシルクの成分&人の肌に近いアミノ酸成分
希少なシルクの成分&人の肌に近いアミノ酸成分

こんなお悩み、ありませんか?

  • カラーやパーマの繰り返しによるダメージでごわつきが気になる
  • ドライヤーやヘアアイロンの使用によるダメージで毛先の引っかかりが気になる
  • 紫外線によるダメージでパサつきが気になる
  • シャンプーは、肌に優しいノンシリコンシャンプーが良い
コンセプトイメージ・女性

Concept
髪と素肌に天然の潤いを

軽くてなめらかな肌触り、気品あふれる美しい光沢。
古来より、シルクは「繊維の女王」として
世界中の女性を魅了してきました。
そして現代、私たちはシルクと人間の髪や素肌が、
ほとんど同じアミノ酸でできていることを知りました。
国内で流通する純国産シルクは全体のわずか1%に過ぎません。
SILMOREに含まれるのは、
希少な純国産シルクから抽出した天然のシルクフィブロイン。
驚くことに、繭から生糸になるのは繭全体のおよそ17%です。
私たちは、その残り83%を活用した無駄のない繭の活用に取り組み、従来捨てられていたものに価値を見出し、高付加価値商品へとアップサイクルさせることで新しい需要と供給の流れを生み出そうとしています。

繭

シルクの3つのちから

馴染む

人体を構成する20種類のアミノ酸のうち18種類がシルクフィブロインにも含まれます。つまり、人間の髪や素肌とシルクは、ほぼ同じ成分でできているのです。さらに、シルクアミノ酸のpHは、素肌と同じ弱酸性。天然素材なのに素肌に近い。肌の健康に理想の成分といえます。

潤す

シルクフィブロインには保湿機能に重要な働きをするセリンが含まれています。セリンは人間の肌に含まれる天然保湿因子中に最も多いアミノ酸で、保湿成分として水分の保持力を長時間保ってくれます。昔から製糸工場で水仕事をする人たちの手がきれいだと言われる秘密がここにあります。

整える

真皮内の線維芽細胞は、肌のハリや弾力のもととなるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す源となる細胞です。シルクは線維芽細胞の栄養となり、体内のビタミンCとの結びつきにより、素肌の内部にコラーゲンをつくりはじめ、徐々に潤いとハリのある素肌を取り戻します。

シルモア シャンプーの特徴

シャンプー
  • 1

    シルク由来とコラーゲン由来のペプチド系界面活性剤を配合し、
    髪を優しく洗い上げながら艶やかでしっとりとした仕上がりに導きます
    ※ ラウロイル加水分解シルク Na、ココイル加水分解コラーゲン K、ロジン加水分解コラーゲン AMPD

  • 2

    アミノ酸由来の界面活性剤を複数配合することで、汚れを落としながら
    必要な油分は残し、毛先までしっとりとまとまりやすくします
    ※ ココイルグリシン K、ココイルメチルアラニン Na、ラウロイルメチルアラニン Na、
    スルコハク酸 C-1214)パレス -2Na

  • 3

    髪を洗うたびに補修成分が吸着・浸透し、つやさらの指通りに
    ※水溶性フィブロイン、加水分解シルク

シルモア シャンプーの主要成分

ラウロイル加水分解シルクNa

ラウロイル
加水分解シルクNa

シルクタンパク質とヤシ油から作られた洗浄成分。毛髪のケラチンタンパク質と類似しているため髪への親和性が高く、汚れをしっかり落としながらも髪を保湿・補修します。

ココイルメチルアラニンNaアルロン酸Na

ココイルメチルアラニン
Na アルロン酸 Na

アミノ酸の一種であるアラニンとヤシ油から作られた洗浄成分。適度な洗浄力を持ち、皮脂汚れをしっかりと洗い流します。洗浄力が強すぎず、頭皮や毛髪の洗いすぎによる乾燥を起こしません。

コカミドプロピルベタイン

コカミドプロ
ピルベタイン

砂糖大根などから得られる天然保湿剤ベタイン由来の両性界面活性剤。マイルドで、ベビーシャンプーなどにも多用されています。

シルモア トリートメントの特徴

  • 1

    トリートメントのたびに補修成分が吸着・浸透し、つやさらの指通りに
    ※ 水溶性フィブロイン、加水分解シルク

  • 2

    キューティクル補修成分を複数配合することで、髪のダメージ部分に吸着し、
    しっとりさせながらまとまりをキープします
    ※ ( 加水分解シルク /PG プロピルルメチルシランジオール ) クロスポリマー、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、γ- ドコサラクトン

  • 3

    エモリエント成分と各種セラミド成分配合することで、毛髪の乾燥を防ぎ、細胞間脂質を補うことで潤いをキープします
    ※カカオ脂、セラミド NG、セラミド NP、セラミド AP、セラミド EOP

トリートメント

シルモア トリートメントの主要成分

カカオ脂

カカオ脂

カカオの種子から得られるエモリエント効果(柔軟)の高い油脂。
スッと髪になじむテクスチャーで、毛髪の乾燥を防ぎハリを与えます。

クロスポリマー

(加水分解シルク/
PGプロピルメチルシランジオール)

クロスポリマー

分子内にシルク由来のアミノ酸・油分骨格を併せ持つ成分。親水性と保湿性を持ち、髪の傷んだ部分に吸着して髪を滑らかにし、ヘアカラーによる褪色を防ぎます。

コカミドプロピルベタイン

γ-ドコサラクトン

ナタネ油由来の脂肪酸から作られた成分。キューティクルのダメージを防ととぐもに、雨の日や梅雨時期など高湿度の環境でもうねりを抑制し、毛髪のまとまりやおさまりを改善します。

シルク髪をつくる2ステップ

step01
ステップ1使用画像
  1. シャンプーをつける前に、お湯でしっかりと髪を洗い流します。
  2. シャンプーを毛髪に適量塗布します。
  3. 軽くマッサージしながら髪の毛と地肌を洗います。(シャンプー泡パックを5分程度するとトリートメント効果を発揮します。)
  4. すすぎ残しがないように、しっかりと洗い流します。
step02
ステップ2使用画像
  1. シャンプー後、適量を毛髪に塗布します。
  2. その後、お湯ですすいでください。また、髪の傷みが気になる場合は、塗布後2〜3分程度おいてから洗い流すとより効果的です。

Voice
お客様の声・感想

お客様の声

シルクのようにサラサラな髪の毛になり、香りもお気に入りです。

★★★★★
シルモアのシャンプーを使い始めてから髪の毛が綺麗、と褒められることが多くなりました。 シルクのシャンプーは初めて使いましたが、髪の毛も絹のように柔らかくサラサラになることに驚きました。 香りもとってもお気に入りで、毎日使用するのが癒しの時間です。

お客様の声

泡立ちがよく使用感がとても良いです。

★★★★★
ノンシリコンのシャンプーは泡立たないものもありますが、シルモアのシャンプーはしっかり泡立って、使用感がとても良いです。 また、使うたびに髪の毛が柔らかくなっているのがわかって、自分の髪の毛を触ると嬉しくなります。

お客様の声

敏感肌でも問題なく使用できて、髪質も良くなりました。

★★★★★
敏感肌で肌に合わないものは荒れてしまうことがありますが、シャンプートリートメントともに問題なく使用できて、 刺激を感じることがありません。さらに、髪の毛がサラサラになって、使用するたびに綺麗になっていくことが実感できます。

ページトップへ戻る