天然由来の無添加石鹸で
絹肌を手に入れる

お肌のこんなお悩み、
ありませんか?

  • 肌に合わないものを使うと
    すぐに荒れてしまう・・・
    お悩み01
  • 無添加のものであっても
    洗い心地は妥協したくない・・・
    お悩み02
  • 汚れはしっかり落としたいが、
    潤いは逃したくない・・・
    お悩み03

そんなあなたへ・・・
ぜひシルモア
洗顔石鹸をオススメします!

矢印
コンセプトイメージ・石鹸

Concept
素肌に天然の潤いを

軽くてなめらかな肌触り、気品あふれる美しい光沢。 古来より、シルクは「繊維の女王」として世界中の女性を魅了してきました。
そして現代、私たちはシルクと人間の髪や素肌が、ほとんど同じアミノ酸でできていることを知りました。
国内で流通する純国産シルクは全体のわずか1%に過ぎません。
SILMORE に含まれるのは、希少な純国産シルクから抽出した天然のシルクフィブロイン。
驚くことに、繭から生糸になるのは繭全体のおよそ17%です。
私たちは、その残り83%を活用した無駄のない繭の活用に取り組み、従来捨てられていたものに価値を見出し、
高付加価値商品へと アップサイクルさせることで新しい需要と供給の 流れを生み出そうとしています。

シルクの3つのちから

馴染む

人体を構成する20種類のアミノ酸のうち18種類がシルクフィブロインにも含まれます。つまり、人間の髪や素肌とシルクは、ほぼ同じ成分でできているのです。さらに、シルクアミノ酸のpHは、素肌と同じ弱酸性。天然素材なのに素肌に近い。肌の健康に理想の成分といえます。

潤す

シルクフィブロインには保湿機能に重要な働きをするセリンが含まれています。セリンは人間の肌に含まれる天然保湿因子中に最も多いアミノ酸で、保湿成分として水分の保持力を長時間保ってくれます。昔から製糸工場で水仕事をする人たちの手がきれいだと言われる秘密がここにあります。

整える

真皮内の線維芽細胞は、肌のハリや 弾力のもととなるコラーゲン、エラスチン、 ヒアルロン酸を作り出す源となる細胞です。 シルクは線維芽細胞の栄養となり、 体内のビタミンCとの結びつきにより、 素肌の内部にコラーゲンをつくりはじめ、 徐々に潤いとハリのある素肌を 取り戻します。

シルク

シルモア 洗顔石鹸の特徴

Point01シルクの優れた
保湿性・抗菌性

シルク成分の優れた保湿性・抗菌性が、お肌をしっとり清潔に保ちます
(洗顔やデリケートゾーンにも使用可)
※水溶性フィブロイン

Point02シンプル処方の
無添加石鹸

石鹸の溶け崩れを抑えるパーム油と泡立ちの良いヤシ油の2種類をベースオイルとして使用した、シンプル処方の無添加石鹸
※パーム油、ヤシ油

Point03低刺激で
優しい洗い上がり

素材を活かしたコールドプロセス製法により天然の潤い成分(グリセリン)が豊富に含まれ、低刺激で優しい洗い上がりに

主要成分

真珠層末(パールパウダー)

主成分となる炭酸カルシウムとコンキオリンには、
肌を潤し、汚れを吸着して美肌を保つ効果があります。

主要成分画像

シルク肌をつくる4ステップ

ステップ1

顔全体をお湯で濡らします。

ステップ2

適量をお湯または水でよく泡立てます。

ステップ3

顔全体に泡をのせて洗浄します。

ステップ4

お湯または水でよく洗い流します。

肌に優しいシンプル処方だから、全身に使える

朝の洗顔や、デリケートゾーンにもお使いいただけます。

一言ポイント

お客様の声

シルモアの石鹸は、洗い上がりがしっとりで、肌がつっぱらないところが気に入っています。洗い上がりは、肌が潤ってすべすべに膜がはったような肌触りでとても気持ちいいです。

肌トラブル中に使っても問題なく使えたのでそれ以来安心して毎日使用しています。
紫外線抑止効果が入っているのもありがたいです。泡もフワフワで柔らかいです。

使用するごとに、すべすべの潤い肌になっていくのを実感しています。
また、肌がワントーン明るくなり、理想の肌にどんどん近づいていっています。

まずは、ご自身のお肌でお試しください!

ページトップへ戻る